浴衣美人におまかせアレ!

男性でも浴衣や着物で楽しさを実感してみよう

皆さんは浴衣というとどのようなイメージが浮かぶでしょうか?

 

夏のシーズンに女性が着ている姿をイメージするのではないでしょうか?

 

もちろん、そのような姿も美しく季節を感じさせてくれるものなのですが、浴衣は女性ばかりではなく男性にも着ていただきたいものなのです。

 

場所によっては着物姿であるという事が普通であるという場所もあるのです。
そこで今回は、男性が着る着物や浴衣について考えていきましょう。

 

男性が取り入れる一般的なスタイルについて考える

 

男性用の着物も様々あるのですが、一番多く一般的なスタイルとしては「着流し」でしょう。
これは、テレビなどでも良く見かける姿といえるかもしれません。
袴などについては実はあまり履くことはないのです。

 

色についてですが、幅広いものが用意されているものの黒や紺・グレイなどといった落ち着いた色合いのものに角帯を合わせ、そらに草履もしくは下駄・足袋なども黒で統一するなどといったシンプルなスタイルが基本となります。

 

こうしたシンプルなスタイルですと、体型や年齢というものを問うことが少ないので、より幅広い方々に楽しんでいただけるかとも思います。

 

例えば、お茶会などのシーンでは着物姿で参加をするということが一般的ですから、もし目にするような機会があればその着方に着目をしてみるのも良いのではないでしょうか。
きっと参考になることと思います。

 

男性が華やかな柄のものを着ることはあるのかについて

 

先のようにシンプルなスタイルは一般的ではありますが、柄物や華やかなものを着ることについてはどうなのでしょうか。

 

答えから言えば、絶対にという事はないものの着ないという認識で良いかと思います。
しかし、あまりにシンプルすぎたら飽きてしまうのではないかという声もあるでしょう。
そのような場合ですが、小物などで遊ぶ・カラーを取り入れるという事が多くなってくるのです。

 

具体的に言えば、扇子や帯二唐入りのものをチョイスするという方法です。
これでしたら、ベースとなる着物1枚あれば小物で様々な雰囲気を演出することもできます。

 

もし、着物そのものにも幅を持たせたいという場合には、軸や織などで変化を与えてみるというのも良いかと思います。
その程度のことで印象が変わるのかと不思議に思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、こうしたことで周りに対する印象や子自らの雰囲気を変えることも可能なのです。

 

夏のシーンには涼しげに着こなすのもおすすめです

 

夏のシーンにはすっきりとした紺色の記事や白生地なども涼し気かと思います。
これらの色は、男性的な印象も与えることができますので初心者だという方においても楽しんでいただけるかと思います。

 

浴衣の場合ですと、足袋は着用しません。
裸足で下駄というのが一般的なスタイルです。
この下駄ですが、履きなれていない方ですと足が痛いなどという場合も多いようですので、選ぶ際には注意をしていただければと思います。

 

自らに合ったものをじっくりと選ぶことはもちろん、長時間着用からスタートするのではなく「徐々に下駄に慣れていく」というアプローチをとっていただくのが良いかと思います。

 

また、どうしても痛くて歩けないという場合のためにサンダル類を1つ用意していくという方もいらっしゃるようです。
楽しめるようなスタイルづくりを行っていきましょう。

 

着物に興味をいだき始めた方へのアプローチについて

 

着付けに興味を持ち始めたけれど自らでは難しいという声も多いのではないでしょうか。
現代では、みずから気つけることができないという方も少ないでしょう。

 

そのような際に取り入れていただきたいのが「着付け教室」です。

 

男性の方ですと、参加をするのが恥ずかしいという声もあるかもしれません。
しかし、男性専用の着付け教室というものも今ではあるのです。
そうした場所ですと通いやすいですし楽しく学んでいただけます。

 

ただ、この着付けはいくつかの方法や手法があります。
いわゆる「流派」というものがあるのです。

 

そしてそれぞれに違いというものがありますのでそれらを調べて自らの好みに合わせた教室をチョイスしていただければと思います。

 

また、教室そのものの評判というものについてもチェックをしておくとよいでしょう。
口コミサイトなどを利用するとその声を知ることができます。

 

【サイトPR】

 

気軽で便利で頼りになる手軽に利用できる電話占いで元気になれる

 

ワキガクリーム人気おすすめ口コミ比較ランキング