浴衣着物の種類と選び方

着物の種類と選び方を知るとさらに楽しく触れることができる

今では時折、浴衣姿出歩く人を見かけることも出てきました。
少しずつ若者にも着物・浴衣がおしゃれアイテムとして受け入れられつつあるようです。

 

男性の方で着物や浴衣に興味をいだいているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
これから知りたいという方のためにここでは、着物の種類というものについて触れていきたいと思います。

 

着用スタイルを知って幅を広げていくことも楽しみ方

 

まずは「着流し」です。
言葉はご存知だという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
男性の着物の中で一般的なスタイルともいえるかと思います。

 

簡単に言えば羽織をつけずに着用するというスタイルになります。
そして、羽織ものを一枚用意していただくことで、男性の着物基本的なスタイルが完成するのです。

 

この羽織ですが、いくつかの着こなし方法があるのです。
袴や野袴などをプラスしていただくことでまたちがった演出ができるでしょう。
きちんとした清掃出ないという場合においてもカジュアルに着こなしていただけるものの1つともいえるのです。

 

肌着の上に長襦袢・着物という順番で着用していきます。
一方、浴衣の場合には長襦袢というものは存在していません。肌着の上から直接着用するのが基本です。

 

着方に違いはありますがこれらの仕立てという点においてはベースの部分において同様となりますので、気になるという方は長襦袢を着るというのも良いでしょう。

 

浴衣についての知識を増やしてみませんか

 

そもそもはお風呂上りに着るものとして着用されていたのがその始まりです。
種類という点では、寝間着にしたり夕涼みの時に着用するなど基本的には「おしゃれに着るためのもの」という認識で良いかと思います。

 

温泉街などに出向かれた方ですと経験もあるかと思いますが、湯めぐりの時に着るシステムのところも多いでしょう。
これは先のようなところから由来しているのです。

 

おしゃれという意味合いにおいてはやはり夏のシーズンではないでしょうか。
花火大会やそのほかのお祭りや七夕な度できるという方も今では増えています。

 

仕立てですが、「単位仕立て」というものになっており、着物は難しいという方であってもこれですと気軽に皆さんが着て楽しんでいただけるかと思います。

 

着物を着ることに恥ずかしさがあるという男性で盛り入れていただきやすいかとも思います。

 

種類が増えつつある男性用の着物について

 

着物文化が下火になっているなどと一時期には言われていたものの、今では再び注目をされるようになりさまざまなスタイルを楽しんでいただきやすくなりました。
デパートなどに足を運んでいただくとわかりやすいかと思いますが、種類や柄行・素材なども豊富となっており自らが好きな1枚を選んでいただけるかと思います。

 

夏用のコットンや麻ばかりではなく、ウール素材といった冬場でも着ることができる素材も販売されているのです。

 

購入の際に気を付けていただきたいポイントとしては「サイズ」でしょう。
出来れば試着をして確認をしていただければと思います。

 

一般的な基準としては「身長マイナス26から28センチ」となっていますので参考にしてみるとよいでしょう。

 

このことでお分かりかと思いますが、体重や体型からではなく原則的には「身長」から選んでいただくものとなっています。